購入予定

Supreme & Nike 誕生した Air Force 2の魅力!

最後更新: 2024年2月29日 更新人: fang

シュプリームとナイキの新しいシューズ、Air Force 2がシュプリームのショップで販売されている。 このモデルの話を聞いたとき、ほとんどの方が目を疑ったと思うし、ナイキに本当にエアフォース2があるのか、と自分の認識さえ疑い始めたのではないだろうか。

さて、この4色の新色を目の前にすると、似合う似合わないはともかく、このモデルが前身のAF1に比べて知名度もクラシックさもはるかに劣るという事実はもはや無視できないし、Supreme x Nike Air Force 2の前にこのモデルが持っていたものは何だったのかという話も整理する必要がある。

まずは、ダークブラウン、イエロー、オレンジ、ブルーの4色展開で、ヒール、タン、インソールには、共同ブランドのフットウェアによく使われるWORLD FAMOUSのアイコンが注入されている共同ブランドバージョンを見てみよう。
細部のデザインについては、実はエアフォース2はクラシックなAF1とはかなり異なっている。 まず、全体のシルエット、つま先のデザイン、ミッドソールのステッチなど、全体的な外観はクラシックなダンクSBに近い。したがって、エアフォース2の名前はやや語弊があると私は思う。 だからこそ、エアフォース2というタイトルは、私見では少々語弊がある。 それもまた、シュプリームがこのかなり無名なモデルを選んだ理由であり、コラボのフルネームはシュプリーム×ナイキSBエアフォース2とすべきだろう。

しかし、ナイキは旧モデルを復活させ、それにふさわしい注目を集めることに興味があるようで、昨年、エアフォース2の公式復活を発表するために2色の新色をリリースした。
しかし、あなたも私も、この2つのシューズに対する反応を知っている。今私たちが受けている不信の表情は、当時このシューズの存在を知らなかったという事実を示している。 だからこそ、1986年に発売されたときも、ナイキが何度か復活させようとしたときも、私たちはこのシューズにあまり関心を示さなかったのだ。
スニーカーの世界では、常に時間、つまりタイミングが非常に重要な意味を持つ。 タイミングを間違えれば、名作シューズは埋もれてしまう。 エアフォース2が誕生したのは、エアフォース1がバスケットボールシーンを席巻していた時期だった。 そのため、エアフォース2というネーミングにもかかわらず、大きく異なるデザインは受け入れられず、長い長い間、バスケットボール界はエア・ジョーダン・シリーズに支配されていた。

最初に復活したのは2002年。 当時、チャールズ・バークレーが履いていた76ersの赤、白、青を基調としたハイトップのペアが65ドルというバーゲンプライスで復活した。

2002年には残っていたカラーリングの数は減り続け、2003年にエアフォース2がより猛烈な復活を遂げるために行われた。 Nike Air Force 1は、特に黒と白のカラーリングが人気だった。

2003年に入ると、エアフォース2は限定版と通常版で区別されるようになり、「The Dirty」、「Hectic」、「LA」、「Raptors」カラーはほぼ即完売となったが、それ以外のカラーは当時すぐに入手可能だった。

そして2004年、エアフォース2史上最も象徴的なカラーリングが誕生した。

Nike Air Force 2 Low “ESPO”

グラフィティ・アーティストのスティーブン・パワーズが手がけたエアフォース2・ロー「ESPO」は、当時のナイキの「アーティスト・シリーズ」の一足で、残りの2足はファレルがデザインしたダンク・ハイとハル・ベリーがデザインしたリフトだった。

この一足が特別なのは、シューズのボディとトゥボックス、半透明のミッドソールとアウトソール、そしてグラフィティのディテールとマッチするソックスが、ほぼ完全に透明な素材でデザインされていることだ。 このデザインは、今は父親となったエジソンがデザインした、同じくアイコニックなエア マックス1を思い起こさせるだろうか。

その後、エアフォース2は再び沈黙し、ナイキは2003年と2004年の2年間で20色以上のカラーウェイをリリースしたにもかかわらず、その後の数年間、このシューズの存在を思い出させるものはわずかだった。

Nike Air Force 2 High “Freshwater Pack”

ナイキ・スポーツウェアによってエアフォース2が復活したのは2009年のことで、エアフォース2のレトロムーブメントが2度目の盛り上がりを見せた。 2009年から8年経った今、エアフォース2はカムバックを果たそうとしている。

例えば、2000年代初頭に発売された時はあまり注目されなかったが、数年前に人気の波が押し寄せた「フアラッシュ・ランナー」や「テック・チャレンジII」。 例えば、フアラッシュ・ランナーやテック・チャレンジIIは、2000年代の初めには注目されなかったが、ここ数年でブームを引き起こした。 だから、もしエアフォース2が次の例になるとしたら、それはシュプリームの「後押し」のおかげかもしれない。

-END-

購入したい方は Nike Air Force 公式サイトをご利用ください!

コメントを残す

送料無料

海外から佐川で直送、追跡可能

本物品質保証付き

一週間内には返品交換対応可

© 2024, built with love by FORCE-SHOES.JP
線上LINE客服