購入予定

Nike Air Force1クラス

最後更新: 2024年2月29日 更新人: fang

現在、Nike Air Force 1には分類がないため、素材や共同ブランドによって価格が異なり、共同ブランドでないバージョンの一般的な価格はおおよそ1000円以内、配色の人気によって多少変動する。

ただし、初期のナイキ・AF1は4つのグレードに分けられ、グレードによって価格が異なっていた。

C=Classic

Cはクラシックで、いわゆるベーシックバージョンといえるもので、価格は15000円ぐらい。 普通の光沢のある革製で、縫い目が露出し、プラスチックのレースアップ、インナーは手のひらの半分までしかなく、普通の素材でできている。

P=Premiun

PはPreciousの略で、もちろんPグレードによっては価格が異なる。 Cグレードに比べ、アッパーはよりソフトなパールレザーを使用し、縫い目は内縫いになっている。 ライニングは手のひら全体に広がるドット柄のドライフィット素材で、より快適にフィットする。 シューレースはメタルのようなプラスチック製。

S=Supreme

SはPと同じSupremeだが、モデルによって他の価格帯もある。 このバージョンは通常、内側も外側もレザー製で(キャンバス・バージョンを除く)、糸は見えず、シューレースには取り外し可能な金属製のスクリューキャップが付いている。 モデルによっては、通常のエアソールの代わりに、ヒールに窓付きのエアマックスエアクッションを搭載しているものもある。

さらに、3つのLUXクラスの別バージョンもあり、つまりLuxuryの略で、イタリアのハンドメイドのために、使用されるアッパー素材はクロコダイルのニシキヘビ革や他の貴重な素材、レースヘッド、レースバックルは金メッキまたは銀メッキの素材であり、靴のサポートを伴って、ウォールナットの木材や金メッキの素材を使用した究極の贅沢でもあります。 製作の当初の意図は、エアフォース1の開発に貢献した人たちにエアフォース1を贈ることであり、贈られた人の名前はLASER技術を使ってタグに刻印された。 もちろん、LUXグレードは毎年少数が市場に出回り、価格は32万円ぐらいです。

靴箱にPremiumとSupermeの表記がなければ、これはCレベルのベーシックバージョンであると説明され、Premiumの表記があれば、これはAir Force 1 1であると説明され、Supremeの表記があれば、これはAF1のラグジュアリーなトップバージョンであると説明され、LEのアッパーケースの裏にはシリーズのようなものもあり、限定モデルであると言われている。 ナイキエアフォース1は、ナイキエアフォース1の中で最も重要なものです。

-END-

購入したい方は Nike Air Force 公式サイトをご利用ください!

コメントを残す

送料無料

海外から佐川で直送、追跡可能

本物品質保証付き

一週間内には返品交換対応可

© 2024, built with love by FORCE-SHOES.JP
線上LINE客服