購入予定

NIKE AIR FORCE 1 解析レポート

最後更新: 2024年2月29日 更新人: fang

Nike Air Force 1スニーカー製造技術の日進月歩と新素材の採用により、クラシックスニーカーの改良版が数多くリリースされ、様々な評価を得ている。 前号では、NIKE AF1のクラシックモデルと軽量モデルを比較した。 今回は軽量モデルの内部構造を見てみよう。

  • アイテム:AIR FORCE 1 ULTRAFORCE LTHR
  • 発売日:2017年7月1日

▼ 左のシューズを真ん中でカット

▼ 左のシューズを真ん中でカット

▼ アッパーとミッドソールを切り離す

▼ アッパー裏のライニング

▼ ホワイトのインソールにブラックのヴィンテージSWOOSHロゴをヒールに配置

▼ ミッドソールの生地表面はヌバック

▼ ミッドソールの裏

ミッドソール生地下の一体型ミッドソール、かかと部の六角形のNIKE AIRクッション

▼ ミッドソール前足部に製品情報をプリント。

▼ アーチからヒールにかけてのコンプレッションホール

▼US 9/42.5のヒールクッションの幅は約37.54mm。

▼ ヒールクッションの厚さは約8.68mm。

▼ 摩耗しやすいつま先とかかと部分には硬質ラバーを採用。

▼ US 9/42.5の前足部の厚さは約14.63mm。

▼ US 9/42.5の前足部の厚さは約29.82mm、ドロップは約15.19mm。

AIR FORCE 1

では、US9/42.5のAIR FORCE 1 ULTRAFORCE LTHR(以下、ライトウェイトモデル)とAIR FORCE 1 ’07(以下、クラシックモデル)の構造の違いを見てみよう▼。

では、US9/42.5のAIR FORCE 1 ULTRAFORCE LTHR(以下、ライトウェイトモデル)とAIR FORCE 1 ’07(以下、クラシックモデル)の構造の違いを見てみよう▼。

分解レポート

アッパー:AIR FORCE 1 ULTRAFORCE LTHR 牛革/合成皮革のアッパーはよりソフトなライン。

· ミッドソール: 軽量ミッドソールは、六角形のNIKE AIRエアクッションの代わりに、内蔵されたNIKE AIRエアクッションの3/4の長さを配置することができないソールの溝のために、全体の重量を大幅に削減します。

結論

エアフォース1 ULTRAFORCE LTHRAF1に大きな変化はなく、軽量ミッドソールは多くの人に歓迎され、アウトソールの酸化もある程度防いでくれる。 AF1 ULTRAFORCE LTHRはAF1の名作、あるいは派生モデルである。

-END-

購入したい方は Nike Air Force 公式サイトをご利用ください!

コメントを残す

送料無料

海外から佐川で直送、追跡可能

本物品質保証付き

一週間内には返品交換対応可

© 2024, built with love by FORCE-SHOES.JP
線上LINE客服